最安値挑戦 シャトー フェリエール’13 2013 ACマルゴー 第3級グラン クリュ 赤ワイン 赤 フルボディ 7776815 大人気,新作

5,800円  4,600円
割引: 21%OFF

  • モデル: H2176-7776815-X37hF
  • 在庫状況:在庫あり

カートに入れる:


商品の詳細

シャトー マルゴーの隣 年間わずか4000ケースの稀少な高品質ボルドー
●シャトー・フェリエール’13(マルゴー:第3級グラン・クリュ/赤・FB)
[カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ ー、カベルネ・フラン ]
<メドックの格付け>
1855年の格付け以来、150年の時を越え今なお頑として存在し続ける、それがメドックの格付けです。
ことの始まりはパリ最初の万国博覧会でした。
フランスでは18世紀以前から「国内博覧会」は何度か開催されていましたが、国際博覧会はこのときが初めてでした。
ナポレオン3世はボルドーのワイン産地にパリ万博にワインを出品することを要請し、ボルドー市商工会議所がワインの選択に当たりました。
具体的にはボルドーのワイン仲買人組合に、ジロンド地方の赤と白ワインについて格付けをつくるように依頼しました。
こうしてさまざまな評判や取引価格を基準として、赤ワインはメドックから58シャトーとグラーヴから1シャトーが出品用ワインとして決定、併せて格付けもおこなわれ、これらのワインは1級から5級までランク付けがなされました。
その後シャトーの分割もあり現在では61シャトーとなっています。
文字通りボルドーの頂点とされる1級シャトーとして選ばれたのは、メドック地区からシャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・ラトゥール、シャトー・マルゴーの3シャトーとグラーブ地区からシャトー・オー・ブリオンの1シャトーでした。
この1.5級にわたる格付けは今も厳然として存在し、メドック地区の最高峰として君臨しています。
<5大シャトーの誕生>
150年変わらないメドックの格付けですが、唯一例外があります。
それが1973年、シャトー・ムートン・ロートシルトの2級から1級への昇格でした。
1855年2級に格付けされた際、オーナーのナサニエル男爵は「我、1位たり得ずが、されど2位たることも良しとせず。我ムートンなり」という有名な言葉を残しています。
その後20歳でここを引き継いだフィリップ男爵は、品質確保のためシャトー元詰めや、モダンアートラベルを採用するなど数々の改革を実行、1973年、パブロ・ピカソがアートラベルを担当した年についに1級を獲得、フランスワインの頂点のひとつとなったのです。
同時にそれがボルドー5大シャトーの誕生でもありました。
【※ご注意※】
画像は1994ヴィンテージです。お届けは2013ヴィンテージとなります。
●750ml
※FB=フルボディ
(株)ベルーナは通信販売酒類小売業免許を付与されています。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。