スワンソン ヴィンヤーズ メルロー’12 2012 AVAナパ ヴァレー 赤 FB 750ml 赤ワイン 赤 フルボディ 7775769 大得価,セール

4,400円  3,700円
割引: 16%OFF

  • モデル: H2176-7775769-aXDmi
  • 在庫状況:在庫あり

カートに入れる:


商品の詳細

あのオーパス ワンの向かいの畑 パーカーも絶賛の垂涎のテロワール
●スワンソン・ヴィンヤーズ・メルロー’12(AVAナパ・ヴァレー/赤・FB)
[メルロー79%、カベルネ・ソーヴィニヨン19%、プティ・ヴェルド2%]
◎Parker Point 90−92
<パーカーのテイスティング・コメント>
濃密な紫色。
ココア、ホワイトチョコレート、ブラックチェリー、プラムなどの豊かな香り。
ほど良い深みと力強さのあるボディで、秀逸なフィニッシュが印象的。
飲み頃は2020年まで。
■750ml
※FB=フルボディ
(株)ベルーナは通信販売酒類小売業免許を付与されています。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

カリフォルニア随一の銘醸地。カリフォルニア州で最初にAVAに指定され、「ワインカントリー」とも呼ばれています。カリフォルニア全体のぶどう栽培面積のおよそ8%、ワイン生産量もわずか4%にすぎませんが、ワイン売上高は、実に20%の割合を占めています。

カリフォルニアで少量生産される高級・高品質ワインの総称です。カルトとは崇拝、熱狂といった意味のラテン語からの派生語。現在では宗教的な意味合いが強いですが、「熱狂的な信者(ワイン愛好家)がいるカリスマ的のワイン」ということになります。

いわずと知れた、カリフォルニア高級ワインの代名詞。もはや説明不要の『オーパス・ワン』。カリフォルニアワインの父と呼ばれたロバート・モンダヴィと、ムートンのバロン・フィリップ・ド・ロートシルト男爵という2大人物の英知から生み出され、カリフォルニアとヨーロッパのエレガンスとフィネスを融合させたあまりにも有名なジョイント・ベンチャーです。男爵は1988年、モンダヴィは2008年にこの世を去りましたが、このワインがある限り、いつまでもラベルに描かれたふたりの顔を人々が忘れることはないでしょう。

名立たるカルトワインとテロワールを
分かち合う絶好のロケーション

スワンソン・ヴィンヤーズのメルローの畑が、オーパス・ワンのメルローの畑とナパ・リバーをはさんで隣同士。メルローの栽培に理想的なテロワールを共有し、スワンソンはナパ・メルローの先駆者といわれています。そのほかに、オーパス・ワンよりも毎年高評価を受けるドミナスや、ナパ・カベルネの巨匠と称されるケイマス、カリフォルニア最強のカルトワインと呼ばれるスクリーミング・イーグルなど、錚々たるワイナリーたちが至近距離にあります。

初代コンサルタントは
ロバート・モンダヴィを指導した伝説の偉人

スワンソンの創立は1985年。オーナーのクラーク・スワンソンは、アメリカワイン産業のパイオニア であるアンドレ・チェリチェフをコンサルタントに迎えます。チェリチェフは、オーパス・ワンの生みの親ロバート・モンダヴィをはじめ、世界中の天才醸造家たちが師と仰いで指導を受けた偉大なる人物です。彼はスワンソンに「オーパス・ワンの”裏庭“とメルローの適合性」を説き、オークヴィルのテロワールを充分に発揮するワイン造りを目指しました。現在の醸造責任者は、シャトー・ペトリュスやドミナスで経験を積んだクリス・フェルプス。フェルプスは、ドミナスの設立から11年間にわたり初代醸造長を務め、ナパのメルローを世界最高水準に引き上げた立役者です。

世界でもっとも影響力のあるワイン評論家

1947年アメリカ・メリーランド州ボルチモア生まれ。元弁護士。ワイン好きが高じ、消費者の立場からワインの本を書いてみたいと考え、1978年にワイン小売業者向けに自主独立のワイン情報誌「ザ・ボルチモア・ワシントン ワイン・アドヴォケート」を創刊(後に「ザ・ワイン・アドヴォケート」と改称)。100点満点でワインをテイスティング評価するパーカーポイント(詳細は後述)を編み出し、それまでのワイン業界の常識を覆す衝撃を与えました。
そして、ワイン文化の発展に貢献した功績により、フランス大統領からレジオン・ドヌールの十字騎士勲章とメリット勲章を受けました。彼の驚異的な試飲能力と記憶力を称し、“世界一の舌” “神の舌を持つ男”の異名を持っています。

パーカーの評価でワインの値段が変わる?!

ロバート・パーカーの圧倒的に的確なテイスティング能力により、現在のワイン業界はパーカーポイントを非常に重視し、ワインの売れ行きを左右するまでになっています。特にボルドーのプリムール(新酒の先物取引)では顕著で、5大シャトーなどの1級シャトーでさえ、パーカーポイントの発表を待って売価を決めるのが実情です。
英国王立経済会議は2005年、「パーカーの評点はボルドーワイン1本の価格を15%押し上げる効果がある」と発表。「ザ・ワイン・アドヴォケート」及びパーカーポイントの成功により、彼は現在の地位を築き、大きな影響を与えています。

パーカーのテイスティング・コメント

濃密な紫色。ココア、ホワイトチョコレート、ブラックチェリー、プラムなどの豊かな香り。ほど良い深みと力強さのあるボディで、秀逸なフィニッシュが印象的。飲み頃は2020年まで。
【ぶどう品種】
メルロー79%、カベルネ・ソーヴィニヨン19%、プティ・ヴェルド2%
【合う料理】
ビーフシチュー、ポークスペアリブのグリル

公平なワインの選択に不可欠な尺度

「ザ・ワイン・アドヴォケート」には広告が一切ありません。だからこそ、価格や生産者も関係なく、中立で客観的に採点されるパーカーポイントが大きな支持を集めています。また、それまで評価や解釈がむずかしかったワインの味わいを、単純明快な100点法で分かりやすく説明し、世界中にワインを広めたのはまぎれもなくパーカーの功績です。

パーカーポイントの評価方法

パーカーが評価に値するとしたワインであれば、すべて50点の持ち点が与えられます。それに次のような評価点が加えられます。
●ワインの総合的な色と外見に 1〜5点
●アロマ(原料のぶどうの香り)と
ブーケ(熟成してできた香り)の強さと複雑さ、清潔さに 1〜15点
●風味と後味は、味の強さと調和と清潔さ、後味の深さと長さを見て 1〜20点
●全体の質のレベル、また若いワインの場合は
将来の熟成と進歩の可能性に 1〜10点

以上、すべて最高点を獲得すれば100点が与えられます。